FC2ブログ
BAGOOON勢の共同ブログです リンクはフリーですのでお気軽に
プロフィール

BAGOOON勢

Author:BAGOOON勢
FC2ブログへようこそ!

カウンター
2014110719374674b.jpg

お久しぶりです,ローライです.
毎度お久しぶりなのが申し訳ないです(;_;)
今回も恒例のテスト前更新なんですよね.勉強しろっていうのはやめください…
今回はDSブロックのデッキで『黒単デスシラズ』の紹介をしたいと思います!
それではこちらがレシピとなります.

『黒単デスシラズ(DS)』

4 x 特攻人形ジェニー
3 x 停滞の影タイム・トリッパー
3 x 爆弾魔 タイガマイト
1 x ポーク・ビーフ
4 x ボーンおどり・チャージャー
4 x 爆霊魔 タイガニトロ
4 x 白骨の守護者ホネンビー
4 x 龍覇 ニンジャリバン
4 x 龍覇 ウルボロフ
1 x 凶英雄 ツミトバツ
4 x 魔狼月下城の咆哮
4 x 地獄門デス・ゲート

1 x 魂喰いの魔狼月下城/魔狼の悪魔龍 ミナゴロッセオ
3 x 滅殺刃 ゴー・トゥ・ヘル/魔壊王 デスシラズ
1 x 獄龍刃 ディアボロス/破滅の悪魔龍 ディアジゴク
1 x 煉獄刃 ヘルフエズ/煉獄宮殿 ヘルクライム/大殺壊 ヘルセカイ
1 x 悪夢卍 ミガワリ/忍者屋敷 カラクリガエシ/絡繰の悪魔龍 ウツセミヘンゲ
1 x 神光の龍槍 ウルオヴェリア/神光の精霊龍 ウルティマリア

続きから解説です.

■コンセプト
通常環境でも活躍している《魔天降臨》をフィニッシュに据えた『黒単デスシラズ』をベースに構築しました.
《ボーンおどり・チャージャー》からの《爆霊魔 タイガニトロ》の動きをメインに相手の序盤の動きを妨害し,《龍覇 ニンジャリバン》と《龍覇 ウルボロフ》からドラグハートを呼び出し,常に相手の行動を潰しながら行動して場を制圧することを目的としています.

■各カード解説
・特攻人形ジェニー
軽量ハンデスその1
言わずと知れた軽量ハンデスカード.
主に後攻時に相手のブースト後や,ドローの前に撃っていきます.
後攻の遅さをカバーできるカードです.
先行時にはあまり使わないので率先的にマナに置かれます.

・爆弾魔 タイガマイト
軽量ハンデスその2.
《特攻人形 ジェニー》に比べ拘束力は高くないものの,3t目に出せる行動としては悪くはないです.また,このデッキの核である《魔壊王 デスシラズ》や《魔狼の悪魔龍 ミナゴロッセオ》龍解させるために場にクリーチャーを並べなければいけないので,そこでの噛み合いも良いです.
また,後述する《龍覇 ウルボロフ》+《滅殺刃 ゴー・トゥ・ヘル》によるリアニメイト時にハンデスできるこのカードはこのデッキでは必須だと考えています.

・ボーンおどり・チャージャー
ブースト+墓地肥やしカード
ビッグマナでいうと《フェアリー・シャワー》のようなカードです.
3t,4t目にキャストできると《爆霊魔 タイガニトロ》《白骨の守護者 ホネンビー》や《龍覇 ウルボロフ》につなげることが可能になります.
ミラーマッチでは最も優先されるカードです.

・爆霊魔 タイガニトロ
このデッキのコンセプトカードのです.先行4t目に召喚して一気にマウントを取りに行くのはもちろんのこと,シールドをブレイクする前に召喚することで,攻めたことによって増えた相手の手札を一気に消し去ったりすることも出来ます.
また,遅いデッキ相手の時は設置しておくだけで相手にハンドキープをさせないことが出来るため非常に強力なカードだと言えます.
このカードを使うときに意識して欲しいのは2枚以上ハンデス出来るときが強い時ということを忘れないで下さい.
弱い時は弱いカードです.

・停滞の影 タイム・トリッパー
このデッキの隠し味的なカードです.
先行の『MASイメン』に対してこのカードを出せると,《特攻人形ジェニー》を2t目に使えていれば,もう一枚のハンデスで《龍覇MAS》と《龍覇 メタルアベンジャー》からの《龍波動空母 エビデゴラス》の展開を阻止することが出来ます.
もしハンデスをできずに相手のエビデゴラスの展開を許してしまっても,1t遅らせているためこちらもドラグナーを使用して後につなげることが出来るため,後攻時はとても頼れる一枚になります.

・白骨の守護者 ホネンビー
墓地肥やし+サルベージ
《ボーンおどり・チャージャー》同様に墓地を肥やせるカードです.
このデッキは如何に《龍覇 ウルボロフ》を出せるかが勝負なので,このカードはその出せる回数を増やせるカードということになります.
また前述したように墓地を肥やすので,ウルボロフ+ゴー・トゥ・ヘルのリアニメイト効果で出すクリーチャーのバリエーションを増やすことが出来ます.
そしてブロッカーでもあるため,後述する《魂喰いの魔狼月下城/魔狼の悪魔龍 ミナゴロッセオ》と合わせて使うことによりスレイヤーを付加し,相手に越えられない壁になることが出来ます.
このカードをうまく使えると,勝率がグンと上がってきます.

・龍覇 ニンジャリバン
5マナのドラグナー
このデッキでは出せるカードは《魂喰いの魔狼月下城》《悪夢卍 ミガワリ》《神光の龍槍 ウルオヴェリア》の3種となります.
正直なところこのカード単体ではあまり強くないのですが,他のカードがあるときに光ります.(そのことについては後述します.)
なので,かさばった時はマナに置かれることが多々あります.

・龍覇 ウルボロフ
このデッキのメインカードです.
《滅殺刃 ゴー・トゥ・ヘル》と合わせて各種ファンキーナイトメアをリアニメイトや,《獄龍刃 ディアボロス》で2枚目のウルボロフを回収など様々な動きをしてくれます.
やれることが多すぎるのでここには書ききれないです.申し訳ない.

・魔狼月下城の咆哮
黒単デッキの強さのひとつですね
基本が除去コンなのでフル投入です.
序盤からマナに埋めすぎて使いたいとき使えないということが無いようにだけ気をつけてください.

・地獄門 デス・ゲート
除去トリガーその2
《魔狼月下城の咆哮》に比べて1コス重く除去の範囲も狭いのですが,墓地を肥やすデッキなのでリアニメイト効果がこのデッキではメインとなります.
ウルボロフを出せるチャンスは多いので.7コスト以上をメインに扱うデッキが相手の場合は1枚キープしてゲームを進めていきたいです.
均衡していてお互いのハンドが少ない場面などでは1発でゲームを持って行くこともあります.

・ポーク・ビーフ
このデッキのリアニメイトしたいファンキーナイトメア枠です.
通常環境では《ハサミ怪人 チョキラビ》が採用されることが多いのですが,《魔天降臨》がDS黒単環境では使用できないので,ウルボロフを引けている前提でのドロー効果が強くないと感じました.そこでこの枠にブロッカーを入れようと考えました.
このデッキではホネンビーの項でも触れたようにスレイヤーのブロッカーを建てることが可能なため何度でも蘇るブロッカーが欲しかったのです.
そうした経緯からこのカードが採用されました.
採用枚数は1枚なのですが基本的に強いカードではないので引けたら活躍するかも!程度でお考えください.

・凶英雄 ツミトバツ
全体除去カード
このカードが出た直後あたりの時に黒単で結構採用されていた全体除去カードですね.
魔天降臨が無いので,自分も適当にマナを置いたりすると案外7コスまで伸びるので1枚だけ必殺技として採用しました.
墓地においておくと,7マナあれば《魔壊王 デスシラズ》から出すことも可能です.
特に『白青ヘブンズゲート』の《百獣槍 ジャベレオン》と《光器 パーフェクト・マドンナ》を1枚で除去できるのは優秀.

・滅殺刃 ゴー・トゥ・ヘル/魔壊王 デスシラズ
このデッキのメインドラグハートです.
このカードのリアニメイトと除去を繰り返して場を制圧することがこのデッキの基本コンセプトとなっています.吸い込むが無いので案外除去されにくいのですが,同型戦のデス・ゲートだけには気をつけてください.相手のウルボロフが出てきて一気にピンチになります.

・魂喰いの魔狼月下城/魔狼の悪魔龍 ミナゴロッセオ
影のエースカード.
おもに5マナ帯でニンジャリバンから出します.
ニンジャリバンを出すときに横にクリーチャーがいるとこのカードを出すことが安定宅となります.
龍解すると相手のクリーチャーにアタックを強制できるので手札を増やすことが出来,またスレイヤーを利用して場を制圧できたりなど非常に優秀なドラグハートです.

・悪夢卍 ミガワリ/忍者屋敷 カラクリガエシ/絡繰の悪魔龍 ウツセミヘンゲ
安定択のドラグハート.
ウルボロフ+ゴー・トゥ・ヘルからニンジャリバン+ミガワリ.エンド時デスシラズに龍解し,ミガワリからウツセミヘンゲという流れはこのデッキの鉄板戦術となります.
他の方の黒単の解説を見るとこのカードを積極的に龍解させて戦うように見受けられたのですが,ウツセミヘンゲは墓地をなくしてしまうためあまり序盤から出したいカードではないです.なので機を見計らって墓地が十分溜まっていて山札が残り少ない時などに出しましょう.
墓地は大切なリソースです.

・獄龍刃 ディアボロス/破滅の悪魔龍 ディアジゴク
墓地回収のドラグハート.
基本的に出す機会は少ないのですが,遅いデッキ同士の戦いの時など単純に横に出るウルボロフの枚数を増やせます.
また龍解するとマイナス修正の除去ができるので前述したブロッカー郡や,同型戦でのウツセミヘンゲに当てて墓地を空にするor除去など出来たりします.

・煉獄刃 ヘルフエズ/煉獄宮殿 ヘルクライム/大殺壊 ヘルセカイ
対コントロールの鬼.
ヘルクライムのマイナス修正では《獅子頂龍 ライオネル》に効果を2回当てると除去することが可能です.
またヘルセカイはデスシラズやウツセミヘンゲと組み合わせて相手の場を空にすることが可能となります.

・神光の龍槍 ウルオヴェリア/神光の精霊龍 ウルティマリア

ブロッカー枠のドラグハート.
ホネンビー,ポーク・ビーフと合わせてニンジャリバンに装備してブロッカーとして運用します.
使用頻度は高く,ブロッカーが足りない時などは積極的にニンジャリバンに装備します.

以上で各カードの解説を終わります.
次に不採用のカードをいくつか挙げて解説したいと思います.

■不採用カードについて
・学校男
このデッキではデスシラズを立てて,ボードアドバンテージを稼ぐことを優先しているので場を削るこのカードは採用していません
特にほしいと思ったこともありませんでした.
《悪夢卍 ミガワリ》との相性はいいのですが,優先的に出すカードではないのでそのことからも採用は考えられませんでした.

・龍覇 ドクロスカル
ミガワリ専用ドラグナーなので不必要でした.
素引きした時が弱すぎます.

・リュウセイ・イン・ザ・ダーク
蓋をするカードであり,魔天降臨的な役割を果たしてくれると思いましたが如何せん8コストがおもすぎました.
1枚採用してデスシラズから呼び出すことが出来たら非常に強力であるとは思いました.
枚数調整が難しかったので不採用としました.
採用したいカードではありました.


これだけでは不明な点も多いので次に大事なプレイなどピックアップして解説したいと思います.

■プレイング
・5コス帯での《龍覇 ニンジャリバン》から呼び出すドラグハートの選択

§魂喰いの魔狼月下城/魔狼の悪魔龍 ミナゴロッセオ
出した次のターンに龍解出来るとき,場に他の自分のクリーチャーがいるときなどは積極的に出していきたいカードです.
このカードを擁立することは目標のひとつであり,かつ場に手っ取り早くクリーチャーを増やせる方法なのも理由のひとつです.
さらにこのカードを出した場合ニンジャリバンに装備されるドラグハートがないので,デスシラズで破壊することにより墓地にニンジャリバンを置いておくことが出来ます.

§悪夢卍 ミガワリ/忍者屋敷 カラクリガエシ/絡繰の悪魔龍 ウツセミヘンゲ
このカードは相手の破壊するカードが見えるときに積極的に出されます.
理由はわかると思います.
もうひとつ大事なのが,すでにクリーチャーが何体か並んでいる時にウルボロフ+ゴー・トゥ・ヘルからニンジャリバンを出した時.この時はミガワリを装備して一気にデスシラズ+ウツセミヘンゲの場を構築します.
このプレイは一気に6打点を作ることが出来,大型クリーチャーを一気に並べることができるプレイのため重要となってきます.
前述したニンジャリバンを墓地においておくプレイングはここにつながります.
2枚目のウルボロフを強くするプレイです

§神光の龍槍 ウルオヴェリア/神光の精霊龍 ウルティマリア
単純にブロッカーの数を増やしたいときなどに使われます.
終盤の盾の削り合いの時などクロックを警戒してブロッカーの数を増やしておくのは重要です.
またトリガースパークのケアを出来るのは非常に優秀だと思います.

・《龍覇 ウルボロフ》+《滅殺刃 ゴー・トゥ・ヘル》から呼び出すファンキーナイトメアの選択

§爆弾魔 タイガマイト
基本的な1枚ハンデスです.
タイガニトロの設置から効果まで成功している場合相手の手札はほとんど1枚で縛られているため,このカードでその1枚を狩りに行きます.
スレイヤーであるため相手の場のクリーチャーにさらに圧力もかけることが出来ます.

§爆霊魔 タイガニトロ
これは相手がうまくドロー加速をしている時と,相手がうまく手札を使えておらず場にクリーチャーが並んでいない時にニトロを出してビートダウンに移るときの2つのパターンで使われます.
特に後者の戦術は非常に強力で,盾枚数が大事な公式戦では有効なプレイです.

§ポーク・ビーフ
ブロッカーですね.前述したニンジャリバン+ウルオヴェリアのような使い方で良いと思います.こちらは破壊時に1ドローできるためデスシラズ龍解時に出すのも良いです.

§龍覇 ニンジャリバン
ウルボロフから出すカードで一番強いです.
前述したよう一気に盤面を作ることも可能ですしウルボロフ1枚からミナゴロッセオの龍解条件も満たすことが出来ます.

以上でプレイングの項を終わります.
これだけじゃ書き足りないのですが長すぎるのでここでおわります.
この2つは特に重要です.
次に弱点を見てみましょう.

■気をつけたい相手
このデッキにはドラグハートを除去する手段がありません.
つまりDS環境の代表的なカードである《龍波動空母 エビデゴラス》《邪帝遺跡 ボアロパゴス》《爆熱天守 バトライ閣》に無力である点です.
これでは『青緑MASイメン』『赤t緑バトライ閣』に勝てないのではないか?と思われますよね.
そこで意識する点は
1.ドラグハートを出させない
2.一番されたらダメなことをさせない

です.
1つ目は単純ですけど2つ目は考えるだけで勝率に大きく関わってきます.
エビデゴラスに関しては盾を0にしないこと,ボアロパゴスはそもそも龍解させないのとイメンを場から離す,バトライ閣は効果をなるべく起動させない.
この点を意識すればそこまでひどいことにはならないと思います

特にみなさんが辛いと思う対エビデゴラスですが
結局怖いのは龍解して盾が無いからそのままダイレクトアタックされて負けてしまうこと(アンブロッカブル)と,最初の5枚見て効果的なカードを加えられることだと思います.
龍解前のドロー増加自体はタイガニトロを立て続けることで被害を抑えることも出来ます.
諦めずに勝機を見出すことが大事だと思います.


■まとめ
このデッキのゲームの到達目標としては盤面の制圧及び《魔壊王 デスシラズ》《魔狼の悪魔龍 ミナゴロッセオ》の擁立からの盤面の展開です.
盤面が相手に完全に勝っている状況なら《爆霊魔 タイガニトロ》を絡めてのビートダウンをするプレイングは比較的行われます.
このデッキをプレイして常に意識することは相手の妨害より自分のアドバンテージをより稼ぐことを意識してください.
強力なドローソースが無く,大型ハンデスも限定的なタイガニトロしかありません.
如何に相手にマナとハンドを伸ばされないようにするか,如何に自分が盤面を制圧できるかが大事なことだと思います.
今日の四国大会では黒単が全く活躍できていなかったのでどこかの大会でこの型の黒単が勝つことができたらなあなんて思っています.


とまあエリア1個終わってからの更新になったのが申し訳ないです.
ここまで読んでくださったみなさんありがとうございました.
エリア代表決定戦が控えている方は優勝目指して頑張ってください!
それでは!!
関連記事
スポンサーサイト



[タグ] ローライ デッキ DM
2014/11/23 19:57 DMデッキ TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://bagooon.blog.fc2.com/tb.php/75-2d6b37ab
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
DM公式デッキ開発部