FC2ブログ
BAGOOON勢の共同ブログです リンクはフリーですのでお気軽に
プロフィール

BAGOOON勢

Author:BAGOOON勢
FC2ブログへようこそ!

カウンター
baki

すばるです。
この度、DM甲子園エリア代表決定戦への権利を獲得することが出来たので、ご報告を兼ねてデッキ紹介をしたいと思います。
内容は続きから。

いつものようにレシピから。

DM甲子園 権利戦用 白刃鬼 エビデゴラス型』

1 x 「智」の頂 レディオ・ローゼス
2 x 「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」

1x スローリー・チェーン
2 x アポカリプス・デイ


2 x パクリオ
4 x ドンドン吸い込むナウ
1 x ノーブル・エンフォーサー
1 x 蒼狼の始祖アマテラス
2 x 龍覇 M・A・S


1 x 永遠のリュウセイ・カイザー
3 x 不敗のダイハード・リュウセイ
1 x 勝利宣言 鬼丸「覇」


4 x フェアリー・ライフ
4 x ピクシー・ライフ
1 x セブンス・タワー
1 x 爆進イントゥ・ザ・ワイルド


3 x 超次元ホワイトグリーン・ホール
4 x フェアリー・シャワー
1 x 龍仙ロマネスク
1 x ボルバルザーク・エクス

2 x 龍波動空母 エビデゴラス/最終龍理 Q.E.D.+
3 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 時空の花カイマン/華獣の覚醒者アリゲーター
1 x イオの伝道師ガガ・パックン/貪欲バリバリ・パックンガー
1 x アルプスの使徒メリーアン/豪遊!セイント・シャン・メリー

よくあるテンプレって感じの刃鬼ですが、ビッグマナ、グレンモルトが多い読みで、セオリーでいけば《サイバー・N・ワールド》であるところを《龍覇M・A・S》にしていMAS。新しいカード好きなんですよ。

各カードの解説をしていきます。
《「智」の頂 レディオ・ローゼス》
対ビッグマナ系統への切札。1:11のアドバンテージ差はやはり凄まじいの一言に尽きます。
《龍波動空母 エビデゴラス》の龍解にも。

《スローリー・チェーン》
ビートダウン、とりわけガイギンガを用いたものへの対策。
《アポカリプス・デイ》が《神聖麒 シューゲイザー》、ひいては《龍覇 グレンモルト》(熱血星龍ガイギンガ)をフィニッシャーに据えたビートダウンへの対策札として一般的に認知されるようになったため、ある程度プレイングで回避してくるプレイヤーも増えてきました。そこをメタれるのがこのカードです。アポカリと2段構えで採用することにより、相手の行動パターンを制限することが出来ます。
アンタップイン出来る白いカードとして使うことも多いです。

《パクリオ》
ビッグマナはデッキの性質上、自分の動きを通す構築になりがちで相手のカードに触れる機会はそれほど多く持てません。しかし他のデッキは、グレンモルト一つを例にとっても《解体人形ジェニー》やビッグマナにとって容易に致命傷たり得る《未知なる弾丸 リュウセイ》など、相手のカードに干渉する手段を多く持っています。これらに少しでも対応出来るカードとして、これを採用しています。同型の先手後手の速度差をイーブン以上に出来るカードであり、テキスト以上に見えないアドバンテージを稼いでくれます。

《ノーブル・エンフォーサー》
グレンモルトの《解体人形ジェニー》や《天真妖精オチャッピィ》を止め、最速龍解を阻止します。
これらの小兵が数体並んでいる時に設置するだけでもアポカリプス発動の数となってくるので、基本的にいつ置いても構いません。3t目に設置しても問題ない場面がほとんどです。

《龍覇M・A・S》
ビッグマナ(同型、ブラスター)への《サイバー・N・ワールド》のプレイはまさに「敵に塩を送る」という諺がピッタリで、そこから一気にブン回されて負け、ということも少なくありません。そこでドローソースを《龍波動空母 エビデゴラス》に頼ることにしました。エビデゴラスを呼び出せるカードには《龍覇 メタルアベンジャー》もありますが、MASの6コスト以下をバウンスする効果が《勝利のリュウセイ・カイザー》を退かせる点から大きく評価され、こちらの採用に至りました。

《永遠のリュウセイ・カイザー》*1と《不敗のダイハード・リュウセイ》*3の理由
まず先述した通り、仮想敵はグレンモルト(グレンゲイザー)です。これらには先出しの永遠の制圧力は非常に高いのですが、一度後手に回ってしまうとほとんどゲーム展開に影響を及ぼせず、そのまま負けてしまう場面が多いです。
そこで永遠:不敗を2:2から1:3に寄せてみたところ、単純に不敗のプレイ回数が上がり、敗北回避からアポカリプスや刃鬼に繋がり勝ちの場面が多くなりました。コントロール相手にも「刃鬼」で2体キャスト出来る可能性が向上し、フィニッシュ時のブレイク数のかさ増し、相手の勝利阻止に大きく貢献してくれました。以上の理由により私はこの比率を採用しています。

《勝利宣言 鬼丸「覇」》
試行回数自体が少ないので断言は出来ませんが、ビッグマナの鬼丸は基本的に「弱い」です。
しかし、デッキの性質上勝敗をこのカードに委ねなければならない場面はどうしても出てくるので、採用せざるを得ない札と考えました。実際に運用する際もこのカードで積極的に攻撃しにいく場面は数えるほどしかありませんでした。
このデッキはブラスターではないのですから、過信は禁物です。

《爆進 イントゥ・ザ・ワイルド》
最近積まれていないレシピもちらほら目にしますが、弾丸をキャストされた返しに10マナ近くまで回復出来るカードはどうしても抜くことが出来ませんでした。しかし、1ゲーム中に2回も3回もプレイする機会はなく、手札にダブつきやすい、プレイ後に同一ターン内で他のカードをプレイできる時が少ないなどの理由で1枚にとどまりました。これもあまり過信してはいけません。

《超次元ホワイトグリーン・ホール》
このカードのために白刃鬼にしていると言っても過言ではないほどのパワーカードです。
これ1枚と手札の白いトリガー1枚でグレンモルトを受け切ることもあります。
3枚しか入っておらず、このデッキにはNワールドを採用していないため、総じてタイミングが重要なカードとなります。

《フェアリー・シャワー》
速攻へはフェアリーライフの5枚目以降、ジェニーなどが飛んでくるマナ域では手札を減らさずにマナを伸ばしていける
ため非常に動きやすくなります。このカードは現在のビッグマナにおいてかなり重視されるべきカードだと考えています。

《ボルバルザーク・エクス》
単純にマナの数を2倍にするカードであり、1体目の刃鬼から出すことで2体目の刃鬼に繋げたり、吸い込むから再度展開の布石にしたり、勝利を引き寄せるために八面六臂の働きを見せてくれます。スピードアタッカーのため永遠を減らしたことを誤魔化すようにダイハードの加護を受けプレイヤーアタックすることもしばしば。

《龍波動空母 エビデゴラス》
強い、の一言に尽きます。相手の除去がほとんど届かず、貪欲にドローし続ける姿はハンデスコントロールにとっては悪夢以外の何物でも無いでしょう。
たまたまローゼスが絡んで龍解でもした暁には、デッキ操作能力も相まって刃鬼のサポートとしても動き始めます。ドラゴンであるためダイハードの加護を受けられる点も◎


今回ご紹介する点は以上となりますが、質問等ございましたらご気軽にすばる(Twitter: @Subaru_Fortune )までどうぞ。
オープンクラスの権利戦もあと一週を残すのみとなってしまいましたが、自分を信じて最後まで諦めず頑張りましょう!
関連記事
スポンサーサイト



[タグ] DM デッキ すばる
2014/10/15 22:15 DMデッキ TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://bagooon.blog.fc2.com/tb.php/74-a7f5a0dc
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
DM公式デッキ開発部