FC2ブログ
BAGOOON勢の共同ブログです リンクはフリーですのでお気軽に
プロフィール

BAGOOON勢

Author:BAGOOON勢
FC2ブログへようこそ!

カウンター
baki

すばるです。今夏参加した三重の天照CS、おやつCS中部のレポートを書いていこうと思います。
デッキ紹介もやりますよ!

まずは今回のCSで使用したデッキから。

『天照使用 キューブ』
天照使用 キューブ

1 x 「戦慄」の頂 ベートーベン
1 x 「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」

1 x 転生プログラム
1 x ドンドン吸い込むナウ
1 x ホーガン・ブラスター
4 x 龍素記号Sr スペルサイクリカ

2 x ミサイル・バースト G
2 x 永遠のリュウセイ・カイザー
2 x 不敗のダイハード・リュウセイ
1 x 勝利宣言 鬼丸「覇」

1 x ガチンコ・ルーレット
4 x フェアリー・ミラクル
4 x ミステリー・キューブ

3 x 超次元ホワイトグリーン・ホール
1 x 龍仙ロマネスク
3 x 反撃のサイレント・スパーク
1 x 超次元ガード・ホール
1 x 支配のオラクルジュエル
4 x 偽りの王 ヴィルヘルム
2 x 偽りの王 モーツァルト

1 x 超時空ストームG・XX/超覚醒ラスト・ストームXX
1 x 時空の悪魔龍 ディアボロス ZZ/究極の覚醒者 デビル・ディアボロス ZZ
1 x 時空の不滅ギャラクシー/撃滅の覚醒者キング・オブ・ギャラクシー
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー
3 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン


個人2-1、チーム0-3でドロップでした。



『おやつ中部 キューブ』
おやつ中部 キューブ

1 x 「戦慄」の頂 ベートーベン
1 x 「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」

1 x 偽りの王 ナンバーナイン

1 x ドンドン吸い込むナウ
1 x ホーガン・ブラスター
4 x 龍素記号Sr スペルサイクリカ

2 x ミサイル・バースト G
2 x 不敗のダイハード・リュウセイ
2 x 永遠のリュウセイ・カイザー
1 x 勝利宣言 鬼丸「覇」

4 x フェアリー・ミラクル
1 x セブンス・タワー
4 x ミステリー・キューブ

3 x 超次元ホワイトグリーン・ホール
1 x 龍仙ロマネスク
3 x 反撃のサイレント・スパーク
1 x 英知と追撃の宝剣
1 x 支配のオラクルジュエル
4 x 偽りの王 ヴィルヘルム
2 x 偽りの王 モーツァルト

1 x 超時空ストームG・XX/超覚醒ラスト・ストームXX
3 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 激相撲!ツッパリキシ/絶対絶命ガロウズ・ゴクドラゴン
1 x 時空の花カイマン/華獣の覚醒者アリゲーター
1 x 時空の戦猫シンカイヤヌス/時空の戦猫ヤヌスグレンオー
1 x アルプスの使徒メリーアン/豪遊!セイント・シャン・メリー

個人3-3、チーム4-2でベスト16でした。


両日共に仮想敵はグレンモルトガイギンガ(次元、シューゲイザー両方)、キューブ、墓地ソース。
VSキューブには根拠のない自信(???「年季が違うよ、年季が!」)があったので、実質の仮想敵はガイギンガ、墓地となりました。

自分が墓地を使っていたり、身内のフリーを見て感じたのが墓地、ガイギンガ共にタップされた《龍世界 ドラゴ大王》には完全に沈黙せざるを得ない、という点でした。これ自体は前々から分かっていたことではありますが、出てくるタイミングが遅いとそれまでに展開されていたクリーチャーを止めきれず押し切られるので結局はあまり信用に足らないな、という結論に至りました。多めに採用していれば強いんでしょうけど、同型とたまにいる読みのビッグマナに無力なのと、自分の《超次元ホワイトグリーン・ホール》が無力化されてしまうことが響きました。おやつではビッグマナめっちゃ多かったですが。(メタ読みハズレ?当たり?)

ドラゴ大王が不採用になって次に考えたのが《永遠のリュウセイ・カイザー》でした。ロック力こそドラゴ大王に劣りますが、ビートダウンへの抑止力としては依然として十分過ぎる程であり、墓地のフィニッシャーである《百万超邪 クロスファイア》《暴走龍 5000GT》に対して確実に1ターンを稼ぐことが出来ます。また、SA付与能力によって墓地、シューゲイザー共に採用されている除去トリガーである《地獄門デス・ゲート》のケアも行えることにより、このカードの採用に至りました。初収録から2年経った今でも第一線で活躍するだけあって、どのデッキ相手にプレイしても腐る場面はほぼありません。

そして、両デッキ共に苦手だったのが《不敗のダイハード・リュウセイ》。墓地側は《疾封怒闘 キューブリック》の殿堂により、バウンスによるダイハードの回避がほぼ出来ず、シューゲイザーも《父なる大地》が搭載されている型はほとんど存在しないためこれもまた1ターンを確実に稼ぐことが出来ます。

この2枚を効果的に運用するために採用されたのが《「戦慄」の頂 ベートーベン》《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》というわけでした。

天照→おやつでの変更点は《転生プログラム》《偽りの王 ナンバーナイン》《ガチンコ・ルーレット》《セブンス
・タワー》
《超次元ガード・ホール》《英知と追撃の宝剣》です。

転プロは当初はサイクリカとの相性がとても良く、確定枠と思っていましたが、この構築ではたまにゼニス(刃鬼)が出てきてしまい結局ナンバーナインと変更。ナンバーナイン自体は前日にPRIDE選手に採用経緯を伺いました。
ルーレットの不採用を疑問に思う方は多いかも知れません。これもPRIDE選手の受け売りではあるのですが、ナイン1枚で詰むデッキが非常に多いので採用しない手はない、出来れば2枚以上という話で、ナイン2枚論は自分の中でもあったのですが、戦慄を採用しているので1でも問題ないと判断し今回は1枚で決定しました。(プロモ版1枚しか持ってないんですよ。)

ルーレットは《勝利宣言 鬼丸「覇」》の殿堂により構築自体をガチンコジャッジに意地でも勝利する構築から安定感を求めたものにシフト(=デッキ内の平均コストの相対的な低下)してきたことで、ジャッジの勝率もそこまで高いわけでは無くなったため、墓地に落ちてしまうことも多くなってしまいました。で、それをサイクリカで唱えるか?と聞かれた場合ほぼ100%「唱えない」という答えに落ち着くでしょう。そう考えた場合、セブンスでも序盤の1ブーストに変わりはないということになり、サイクリカで唱えた場合のアドバンテージの差を鑑みた場合セブンスに軍配が上がりました。

ガードホールの枠は最終的に宝剣に落ち着きましたが、ここは本当に難しい枠で、当初は《ガンヴィート・ブラスター》だったり、とにかくサイクリカでリサイクルして強いカードをずっと探していました。


レポートに移ります。
-天照CS-
チーム名:モヤス鬼スナイパー(A:やとぅー B:すばる C:るすとん)
予選一回戦 A:インテット刃鬼 B:ジャンドグレンゲイザー C:キューブ
早速仮想的とのマッチング。
後攻。3tミラクル、キューブをプレイ(刃鬼着地)、ガイギンガを龍解されるもスパークで後続を消し、WGHでスパークを設置、ミラクルをプレイ、刃鬼でガイギンガをカウンター。永遠リュウセイを召喚し相手の動きが止まる。その後はダイハードなどで延命し戦慄、覇で勝利。
個人:○ チーム:×○×

予選二回戦 A:黒単 B:キューブ C:ジャンドグレン
後攻。相手先攻3tミラクル、ルーレット、ガンブラ、サイクリカガンブラ、ヴィルヘルム、ナンバーナインでイージーゲーム。ちん。
個人:× チーム:○××

予選三回戦 A:キューブ B:インテットランデス C:ジャンドグレン
後攻。焦土で青が生まれイージーゲームかと思いきやエナジーホールだったため、ここぞとばかりにミラクル2連発でマナを確保。その後もサイクリカが一向に来ず、マナに見えた刃鬼警戒で悠久を立てられた返しに覇で突っ張りGJ3連勝。
個人:○ チーム:×○×

ここでドロップ。おやつに向け調整を再開することに。

-おやつCS-
チーム名:年齢詐称(A:H2O B:すばる C:てつ)
予選一回戦 A:白刃鬼 B:キューブ C:ジャンドグレンゲイザー
後攻。ブースト無しの5tブラスターが初動。ヴィルヘルムが捲れ相手の黒色を消す。途中《獅子頂龍 ライオネル》をプレイされるものの、覇、ナンバーナインで突っ張りGJ勝利。そのまま勝ち。
個人:○ チーム:○○○

二回戦 A:インテットランデス B:インテットランデス C:インテットランデス
後攻。ミラクル成功するも焦土、サイクリカと繋がれお通夜状態。AのH2Oくんがトップマーチで勝ってくれました。
個人:× チーム:○×○

三回戦 A:キューブ B:青ゲイザー C:ジャンドグレン
後攻。相手初手キリューセット、ライフ、ライフライフ(なんなんだ…)なんかもう、わけわかんないうちに負けてました。
個人:× チーム:○××

四回戦 A:キューブ(?) B:黒単 C:キューブ(?)
後攻。相手ハンデス少なめの展開、バトウも1体で割と戦いやすい感じ。キューブサイクリカ、キューブ覇するも《ファンタズム・クラッチ》で覇が処理(対戦後に1積みだということを聞かされました。運の無さ。)、デーモンハンドでサイクリカが処理。追加ターンを得るもセットエンド。その後は相手のペースになりバトルゾーンにはヴォルグ2体とバトウ、ザビバレル。トップで引いた戦慄をプレイし覇、リュウセイ、サイクリカを回収したまでは良かったのですが何を血迷ったかタップせずターンを返す(多分ガンヴィートが怖かったんだと思います。正直ガンヴィートなら全然問題なかった。)相手返しにリバイヴガイアールでジャスキル。通って勝ち…。
後で身内に教えられたのですが、どうもその場面では《勝利のガイアール・カイザー》は戦慄にアタックせねばならなかったらしく、テキストの把握ミスで敗北してしまう非常に勿体無い負けを付けてしまいました。その時気付かなかったこちらが全面的に悪いのですが。横のH2Oくんが覇のGJでトリッパーを捲り、相手がピクシー・ライフだったためその場面で思わず叫んでしまいました。この場を借りて謝罪します。
個人:× チーム:○×○

五回戦 A:黒緑速攻 B:グルールガイギンガ C:キューブ
後攻。相手ライフスタート、こちらはミラクルスタート。《超次元ボルシャック・ホール》で《時空の英雄アンタッチャブル》が2体。こちらキューブ外し。次は《超次元フェアリー・ホール》でアンタッチャブルを更に2体。正直めっちゃ怖かったです。こちら再度キューブ、刃鬼着地。相手グレンモルト+ガイハート、アンタッチャブルアタック。《支配のオラクルジュエル》がトリガーし、グレンモルト+ガイハートを破壊。フルタップ。ダイハードを召喚、バキでアンタッチャブルを破壊、シールド1枚焼却。返しグレンモルト+ガイハート。2パンでキューブを2枚踏むがどちらも不発。ダイハード効果で敗北回避。キューブ外しのおかげで11マナに到達したので《偽りの王 モーツァルト》をプレイ。トップグレンモルト以外の勝ちを潰し、来なかったため永遠リュウセイでロック、ナンバーナインでフルアタック、勝ち。
個人:○ チーム×○○

本戦一回戦 A:エスパートリガービート B:キューブ C:キューブ
後攻(こいついつもじゃんけん負けてんな)
相手ミラクルスタート。こちらもミラクルで追いつく。相手キューブ外し。こちらミラクルセブンスで10マナへ到達。相手サイクリカキューブ、外し。ヴィルヘルムをプレイ。ヴィルヘルムでカウンターされるもトップヴィルヘルムで返したら今度は《偽りの王 ヴィオラ・ソナタ》でカウンター。つらい。

戦慄をプレイし覇、モーツァルト、リュウセイを回収。相手突破手段が無く手が止まったところをモーツァルトで止め、リュウセイ、ナインで全ツッパして勝ち。
ここで横の2人が負けてしまったので終了。
個人:○ チーム:×○×でした。


両日ともに結果だけ見ると残念なものに終わってしまったのですが、チームを組んでくれた人、特におやつCSで組んでくれたH2Oくんとてつくんにはずっと助けられました。今回のチームメイトに感謝し、記事を締めたいと思います。
拙い文章ではありましたが、ここまでご覧いただきありがとうございました。



詳細なレポートのためにマイカバレッジみたいなのを付けたくなりましたね。
関連記事
スポンサーサイト



[タグ] DM CS デッキ すばる
2014/08/19 00:01 大会レポ TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://bagooon.blog.fc2.com/tb.php/67-4bc28337
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
DM公式デッキ開発部