FC2ブログ
BAGOOON勢の共同ブログです リンクはフリーですのでお気軽に
プロフィール

BAGOOON勢

Author:BAGOOON勢
FC2ブログへようこそ!

カウンター


onihetuP


今回は自分がこの1年使用してきた《ミステリー・キューブ》デッキ(6月までは獰猛ブラスター)についての自分なりのまとめを書き連ねていきたいと思います。


~1月から5月まで~
《ホーガン・ブラスター》、《獰猛なる大地》が共に4枚フル投入出来たので攻めの部分でも受けの部分でも非常に強力でした。
GJの勝率を極限まで高めるために《偽りの王 ルードヴィヒ》や《インビンシブル・テクノロジー》を積んでいた時期もありました。
《ブラスター》は何でも踏み倒すことが出来たので自分の中ではDM最強のカードではないかという考えがあります。
また、5月には《暴走龍 5000GT》が発売され、速攻、ビートダウンへの耐性が非常に高まると共に、ルードヴィヒの居場所を奪い去っていきました。

~6月から~
《ホーガン・ブラスター》、《獰猛なる大地》の規制、それらと入れ替わるようにして発売された《ミステリー・キューブ》。このキューブによってリペアが組まれ、全盛期の頃とほぼ変わりない殺傷力を誇るデッキとして、実質獰猛ブラスターが名前を変えただけのような形で環境トップに踊り出ました。
同じくこの頃環境トップの一角であったカイザー「刃鬼」のデッキに対しても、GJへの勝率の高さから割と有利でありました。
フォーミュラには一方的にブン回られて勝手に勝利されてしまうのでこの段階では勝利方法がキューブ覇しか無かったと記憶しています。1:9くらいで勝てませんでした。
あとヒラメキスネークにもほぼ持っていかれました。ここも2:8ないし1:9くらいで負けた気がします。

自分が結果を残せた静岡CSではフォーミュラにもヒラメキにもマッチングしなかったのでとても幸運でした。


~10月くらい~
フルホイルパックで《深海の伝道師 アトランティス》がカードプールに追加され、今まで非常に分が悪かったヒラメキスネークややられたら地面に埋まるしかなくなるギフトチューザに対してワンチャンを作れるようになりました。私自身はこのカードはあまり好きでは無いのですが。
この時もまだフォーミュラには依然として分が悪い状態が続いています笑

~11月後半より~
《知識の破壊者デストルツィオーネ》の追加により、早期のキューブから着地してゲームエンドに持っていけるカードが3種類(鬼丸、ヴィルヘルム、デストル)に増えました。一撃でゲームを決めるチカラが強くなった代わりにデストルでクリーチャー枠を圧迫し、受けが弱くなる場面も見受けられるようになってきました。
このカードのおかげで絶望的だったフォーミュラとの相性差も3:7くらいまでは回復したのではないのかな、と思っています。勿論多めに積んである場合での話ですが。
『ウルトラVマスター』で追加されたカードでは《無法伝説 カツマスター》がワンチャンあるくらいなのかなーって感じだと思います。《フェアリー・シャワー》もまぁまぁ使いやすい青いカードではありますが、実際使ってみるとなにか物足りない感じが否めません。

~考察~
個人的な意見としてはキューブのクリーチャー枠は既に飽和状態と化していて、何をピックするかはそのユーザーの好みに依存していると言えると思います。
新たにクリーチャーの確定枠として入るならば、《鬼丸》と同等、それ以下としてもヴィルヘルムレベルのカードパワーを要求されます。たぶんそんなカードは未来永劫刷られないと思いますが笑
というか健全なデュエルマスターズのためにも刷られないことを願います。

そしてほぼ1年間キューブないし獰猛ブラスターというデッキを使ってきた中で、「このカードこそ殿堂すべき」というカードをいくつか挙げていきますと、まず真っ先に挙げられるのは《ガチンコ・ルーレット》です。カードゲームなんていうものはどこまで行っても初戦は運ゲーなので全てのGJに勝利し続けることは出来ないのですが、仮に勝利出来ると仮定するとデッキに1枚あれば関係ないので「誰がどう考えても」普通に危険です。ぶっちゃけこのカードをデザインした人はクビにしていいと思います。
2枚目は《希望の絆 鬼修羅》です。静岡CSのインタビューの時にも申し上げたのですが、ルーレット→ルーレットルーレットから繋がり、鬼丸を2t早く着地させてしまいます。また、効果の起動タイミングが「離れた時」というのが最高に厄介で、自分の吸い込むでプレイ先をサーチ、そのままバウンスすることで受けの場面でも腐ることがありません。

鬼丸は禁止まで持っていくようなカードではないと思います。客観的に見て勝ちが9割9分確定している場面からトップ鬼丸でマウント取られて負けた…というネガティブなイメージが先行してついつい「禁止になれ」という声をよく見かけますが、こういう形での一発逆転もまたデュエルマスターズなのではないでしょうか。とはいえ4t目にガッツリコストを踏み倒してそのまま3回どつかれて負ける、って言うのはとても健全とは言いがたいですが…

と、まぁ以上が今年1年獰猛ブラスターを使ってきた者としての総括、考察です。
眠い頭で必死に考えながら文字に起こしたので日本語があやふやな箇所がたくさんあると思いますがその辺りは皆様の脳内で補完していただけると非常に助かります。

最後に現行のキューブのレシピを掲載します。
少しでも皆様の参考になれば。

『いこおの鬼』
いこおの鬼
1 x 「祝」の頂 ウェディング

1 x 偽りの王 ナンバーナイン

2 x ドンドン吸い込むナウ
1 x ホーガン・ブラスター

2 x 知識の破壊者デストルツィオーネ

2 x ミサイル・バースト G
3 x 希望の絆 鬼修羅
4 x 勝利宣言 鬼丸「覇」
1 x 暴走龍 5000GT

4 x ガチンコ・ルーレット
4 x ミステリー・キューブ

2 x 伝説の秘法 超動
1 x ミラクルとミステリーの扉
1 x 龍仙ロマネスク
2 x 無敵剣 カツキングMAX
4 x 支配のオラクルジュエル
4 x 偽りの王 ヴィルヘルム
1 x 偽りの王 モーツァルト
関連記事
スポンサーサイト



[タグ] DM デッキ すばる
2013/12/23 03:04 DMデッキ TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://bagooon.blog.fc2.com/tb.php/54-fa9d1aad
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
DM公式デッキ開発部