FC2ブログ
BAGOOON勢の共同ブログです リンクはフリーですのでお気軽に
プロフィール

BAGOOON勢

Author:BAGOOON勢
FC2ブログへようこそ!

カウンター
どうも、ローライです
今回は墓地ソースについていろいろと思うことがあり、昨日のボールト大会で初優勝することができたので書きました。


まずはレシピから
『墓地ソース』 ハッシュ:1bab7935bc6f9a171a1dc9271c08b4e8

1 x アクア・メルゲ
4 x 戦略のD・Hアツト
4 x シンカイタイフーン
4 x フェイト・カーペンター
2 x エマージェンシー・タイフーン
4 x 封魔ゴーゴンシャック
4 x 疾封怒闘 キューブリック
3 x 金属器の精獣 カーリ・ガネージャー
3 x 百万超邪 クロスファイア
3 x 暴走龍 5000GT
4 x 白骨の守護者ホネンビー
4 x 盗掘人形モールス



今回は各カード解説は略します。



・11月14日優勝 player:祭璃

大会ヒストリー

http://dmvault.ath.cx/duel/tournament_history.php?tournamentId=2411



感想

7回戦中2回速攻、1回ハンデスと当たりは良かったです。

2回戦は対キューブで後攻という最悪の相手でしたが初手メルゲゴーゴンゴーゴンとキューブを縛れたので大型が降臨しないことを祈りつつビートして勝てたました。運が良かったかな?

ほかは勝てるべくして勝てたかな、と。



・採用カードとその理由、構築について



1 x アクア・メルゲ
4 x 戦略のD・Hアツト
4 x シンカイタイフーン
4 x フェイト・カーペンター
? x エマージェンシー・タイフーン
4 x 疾封怒闘 キューブリック
3 x 金属器の精獣 カーリ・ガネージャー
3 x 百万超邪 クロスファイア
3 x 暴走龍 5000GT
4 x 白骨の守護者ホネンビー
? x 盗掘人形モールス
ここまでは決まっていました。

ルーター12だと事故が気になってたので、エマタイを入れることは決めてました。

今日の構築までエマタイ3でスベンガリィやクロック、色マナのグッチョッパなど入れてました。

今日までは墓地ソを回してて勝ちにくかった相手が後攻時のキューブと後攻時黒緑ウィニーだけだったのでそこをどうするか考えてました。



・ゴーゴンの役割

使ってて後攻時に刺さる相手が、基本的にゴーゴンが無くてもある程度勝てる相手で、
対キューブを考えると先行だと刺さるけど先行なら無くても割と勝てて、後攻だと2枚以上引かないとルーレットを引かれた場合ほぼ意味が無いので、今まで私は採用してませんでした。

で、フォーミュラは墓地ソからしたら最速メルゲループ以外はスピードで絶対かなわないので、そこに抵抗するため(勝てる対面を増やすため)にゴーゴンを採用しました。
そうすると、相手に求める到達マナが増えるので1t2tと猶予ができるので、殴りきれる場面が増えました。


・エマタイの採用について

これは賛否あると思うんですが、まず呪文のエマタイを採用することについてのメリットとデメリット考えてみます

・メリット

初動が増える

手札が減らない墓地肥やし

Sトリガー



・デメリット

手札から切りにくい

ゴーゴン、マイリセなどの対象

ホネンビーで落ちる



メリットの初動で手札を減らさないというのは先行2t目にアツトを出せない時にはすごく重宝します。

Sトリガーなのでビート相手の計算を狂わせたりなど役割豊富です



デメリットについて考えてみると、

手札から切りにくいことは2枚の呪文くらいプレイングでどうにか出来ますし、ゴーゴンやマイリセなどは相手が使用しないと思います。自分のゴーゴンもプレイングで回避できます。

ホネンビーで落ちる点は仕方ないとして、2枚の呪文ですから確率は低いです。これを気にして入れないのはどうなのかなと。



・モールス4枚の理由

モールスは腐りやすくて2、3枚しか採用してない人を多く見ますが、初手に引いた場合にチャージすると残りのモールスの枚数を考えると展開が少し不安になります。

後半の泥沼のトップを強くするにも、黒の色マナを確保するにもこいつは4枚だと思います。





・シンカイタイフーンについての考察

よくシンカイタイフーンの使い方が下手な人が多いという話を目にします。

先行にむやみに出すのは悪手って話ですね。対速攻ビートは置いといて。

そこはよくわかるのですが、場合にもよりますが私はよく先行シンカイタイフーンをやります。

じゃあ先行2t目に出してもいいときを考えてみたいと思います



■~の場合

・手札にガネージャーがあり、もう一枚のルーターがないとき

・手札にGTとクロスファイアが合計2枚以上あるとき

・手札のルーターがシンカイタイフーンしかないとき。



一番目はガネージャービートの展開です。

二番目は手札の重いカードを墓地にキープして、手札に青を確保してキューブリックの発動条件を満たすのにも必要だと思います

三番目は主にシンカイホネンビーなどの展開ですね。

ガネージャービートに切り替えられることも考えて出しておいて別のプランを立てるためにも必要だと思います。



私の構築だと、手札交換が14枚入ってるので高確率で2枚目を引き込めるので、相手がハンデスコンじゃなければ強気で出していくのもありだと思います。



■先行シンカイが悪手のパターン

・シンカイフェイトホネンビーなどの展開。

これはいたずらに手札を減らしていて、墓地も5枚しかたまりません。

この場合3tフェイトカーペンターから動くのが正解だと思います。5tクロスファイアを目指すのがよいかと思います



・シンカイ、カーペンター、カーペンター+ホネンビーとガネージャーが無い手札の時

カーペンタースタートで手札を温存してホネンビー、ガネージャー、アツトorカーペンターを待ってクロスファイアビートを目指すのが一番です。



ある程度思いつくパターンを書きましたが、どうやって墓地を6枚にするか、手札を減らさないようにするか考えながらプレイするといいと思います。



・対戦考察

■対キューブについて

※相手はガチンコルーレットから動いてGJを勝つことと、4tキューブからのワンサイドゲームは考えないことの2つを前提とします



先行後攻どちらも盾から大型が飛び出すものを踏むと負けなので、それを考慮します。

先行時ならキューブが出ないことを祈りながら4tファイアを目指してプレイして盾を削り切ることを目指します。下手に貯めるとミサバで場が壊滅して鬼修羅から負けまで繋がります。ただ、ゴーゴンがあれば楽ができます

後攻時も基本は変わらないのですが、ミサバで一気にゲームエンドになるので、正直かなりきついです。ゴーゴンがあれば除去を踏まないことを願いながら時間を稼いでクロスファイアでゲームを決めに行きます。

どちらの場合もクロスファイアをうまく使わないといけないのですが、後攻だと、これなら負けというパターンがあまりにも多すぎるのが現状です。

勝率は3~4割程度でしょうか かなり厳しいです



■対黒緑速攻について

基本的に有利なのですがシンカイタイフーンを引けない+後攻となるとかなりきつくなります

引けても、ザビクローベルギスキリンSAで一気に負けまで行きます。

これに確実対抗するには後攻3tの時点でキューブリックを発動させないといけません。

実際かなり厳しく、練習しててかなり連敗を重ねました。

有利と言われてますけど、正直大会であたるとかなり怖いです。



■まとめ

今の環境で一番安定して勝てるデッキだと思います。

DM的に考えて初動を多く取れるというのはとても強いです。



これから公式戦が始まりE3環境へみなさんが移ると思うので、ひとつの区切りとして書かせていただきました。

墓地ソースを愛好しているプレイヤーや苦手にしているプレイヤーの少しでも参考になれば、、、



質問などあれば、コメントお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



[タグ] DM デッキ ローライ
2013/11/15 02:40 DMデッキ TB(0) CM(1)
コメント
キクチを入れない理由を教えていただけないでしょうか
2013/11/15 07:06  URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://bagooon.blog.fc2.com/tb.php/50-32579228
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
DM公式デッキ開発部